メンテナンスで検査対策|小さな不具合にも対応するシャッター修理会社|全国的に依頼が可能

小さな不具合にも対応するシャッター修理会社|全国的に依頼が可能

男女

メンテナンスで検査対策

道具

防犯目的や建物を保護する目的で使用されるシャッターですが、火災などの災害対策として使用されることもあります。大型のマンションや商業施設などでは、防火設備の一つとして防火シャッターが設置されています。火災が起きた際に、管理者が手動のスイッチを押すことや、火災報知器などの機器と連動して防火シャッターは稼働します。しかし、火災が起きていない普段の状態では稼働することはないので、実際に火災が起きない限り稼働するかどうかはわからないものです。長年放置したままの防火シャッターですと、潤滑油の硬化やホコリなどのゴミが溜まることで、動きを阻害されることがあります。もしもシャッターが動かず、火災による被害が発生した場合、設備を管理している側が責任を取ることとなるため、問題となるのです。シャッターの修理を行なう会社に依頼すれば、このような重要なシャッター設備の点検も行なってくれます。清掃やメンテナンスを行なうほか、稼働するかどうか実際にテストも行ないます。定期的に頼めば、もしもの時にもしっかり動き、災害の被害を抑えてくれるようになるでしょう。

防火シャッターなどの防災設備は、改正した建築基準法によって定期検査の報告が義務付けられました。定期的に防火シャッターが稼働するか調べ、いつでも動かせるようメンテナンスも行ない、各市町村へ報告書を提出しなければなりません。定時検査は専門の建築防災センターなどに依頼することで行なえますが、検査は厳しく行われるため、何のメンテナンスもしていなければすぐにチェックに引っかかるでしょう。定期的に防火シャッターのメンテナンスを依頼すれば、問題なく市町村への定期検査報告ができるのです。