異音への対処|小さな不具合にも対応するシャッター修理会社|全国的に依頼が可能

小さな不具合にも対応するシャッター修理会社|全国的に依頼が可能

男女

異音への対処

ヘルメット

シャッターの劣化によってよく現れる問題といえば、シャッターの上げ下げによって異音が鳴ることでしょう。キイキイという軋むような音が鳴った場合、内部の潤滑油が切れて金属部品同士が擦れ合っていることが考えられます。シャッター修理を行なう会社へ依頼することで、こうした不快な異音の問題を解消することができるでしょう。シャッターを収納するケースの中には、上げ下げによってシャッターを巻き取るシャフトやスプリング、チェーンなどがあります。潤滑油が切れてしまうと、ケース内のチェーンの動きが悪くなり、軋むような異音が現れてしまうのです。異音が生じた場合、ちょっと変な音が鳴るだけだからと放置する人もいます。しかし、このような異音が鳴っているということは、潤滑油がなくなり金属部品の摩擦が起き、部品に大きな負荷が掛かっているということです。放置すれば部品そのものが損壊し、高額な費用を支払い修理に出す場合もあるのです。異音などの小さな異変に気づいた場合、速やかに修理に出すことで、余計な出費による負担を抑えられるでしょう。

修理を行なう会社では、異音が生じている場合、部品の分解掃除と潤滑油の注入によって対処します。手動や電動に関わらず、異音の原因は部品のサビか潤滑油の不足が考えられます。すみずみまで清掃し注油をすることで、気になる音を解消し部品の寿命を延ばすことができるでしょう。定期的なメンテナンスを依頼すれば、こうした分解掃除や注油を行なってくれるので、いつでも快適にシャッターを使うことができるでしょう。