症状による費用の差|小さな不具合にも対応するシャッター修理会社|全国的に依頼が可能

小さな不具合にも対応するシャッター修理会社|全国的に依頼が可能

男女

症状による費用の差

工具

多くの人はシャッターの修理には高額な費用が必要と考えます。しかし、症状によって修理の価格は大きく異なるので、まずは修理会社へ症状を伝え、見積もりを出してもらうとよいでしょう。修理会社はシャッターの症状を聞くだけで、なにが原因となっているかを瞬時に判断することができます。シャッターの開閉が重くなった場合は、部品などのサビやホコリなどのゴミがシャッターの動きを阻害していると考えられます。また、電動シャッターでよくあるリモコン操作ができなくなったなどの問題であれば、リモコンかシャッター側のセンサーにホコリやチリが付着しているか、信号を伝える導線が切れていることが考えられるのです。多くの場合、清掃や部品の一部交換によって改善することができます。現地で作業を行なうスタッフの人件費と、交換した部品代を合わせても、費用は高くならないので、誰でも安心して依頼することができるでしょう。

高額な費用が掛かる修理方法といえば、シャッターそのものの交換が考えられます。シャッターを連結するスラットが完全に壊れてしまい、新しいシャッターへと取り換えること、または長年メンテナンスをしていなかったせいでシャフトの腐食が激しくなり、シャフトごと取り換えざるを得ない場合などが挙げられます。このような劣化の場合は高額な修理費用が掛かりますが、シャッターを取り付けてから相応の時間が経過していない限り、このような状態になることは考えにくいでしょう。修理を行なう会社は、現地での調査などによって症状の原因を調べます。調べた後にすぐ修理に取り掛かることはないので、大きな交換が必要となったとき、修理を依頼するべきか判断することができます。